パパ活で犯罪にならず逮捕されないためには何に気を付けたらいいでしょうか

パパ活で犯罪にならず逮捕されないためには何に気を付けたらいいでしょうか

パパ活は犯罪に触れる行為ではありません。

パパ活はデートをしてお金をもらうという点では援助交際と同じという感じがします。

しかし援助交際では基本セックスを前提として付き合うのに対し、パパ活ではセックスはしない前提で付き合うことになります。

援助交際でセックスをしてお金の受け渡しがあると、状況次第では風営法違反や売春防止法違反などの罪に問われて逮捕されるリスクもあります。

一方でパパ活では基本セックスすることなくお金の受け渡しがあります。

現時点ではこの状況では罪に問われる状況ではないため、犯罪にならず逮捕されるリスクはほぼありません。

パパ活で逮捕される状況とは

しかしながらパパ活においては状況次第で逮捕されるリスクもあるということを考えておかなければいけません。

例えば相手男性にもらうお金に対して不満を言い、さらにお金を受け取った行為が恐喝とみなされてしまうことも考えられます。

また逮捕とはいかないまでも、相手男性が自分に渡していたお金を窃盗していたものだと分かったら警察から事情聴取をされたりすることもあります。

セックスが基本ないパパ活であっても自分が知らない間に犯罪を犯してしまうことがあるため、相手男性との付き合いには注意が必要です。

パパ活を始める時点できちんと話をつけておきましょう

パパ活で犯罪をしないためにも、パパ活を始める時点で相手男性と条件をきちんと話し合って後々トラブルにならないようにすべきです。

特に途中でセックスを要求されたり、金銭に関してトラブルになるようなことがあれば、状況次第ではパパ活の関係を解消することも考えて自分が最悪逮捕されるような状況を避けるべきです。

タイトルとURLをコピーしました